悪質商法の評価サイト

アクセスカウンタ

zoom RSS 内容証明郵便について

  作成日時 : 2010/01/20 20:48   >>

トラックバック 0 / コメント 0

高額な教材を購入してしまった人や
初期費用を支払ってしまい、契約を解除したいときの
内容証明郵便の書き方などを書いています。
内容証明郵便について


内容証明郵便とは同文を3通を作成して
1通は受取人、1通は差出人、もう1通の場合は
郵便局が保管してくれるそうです。
また内容証明郵便を出す場合は商取引の中で
債権を受ける人と譲る人との間で
債権譲渡の契約をすることがあるそうです。
内容証明郵便とは


内容証明郵便の紙はどのような紙で書いても
良いとされています。
私が書いたときは、
消費者センターさんから用意された紙で書きました。
また内容も消費者センターさんにも
協力をして貰いました。
内容証明の書き方 @


「内容証明の書き方 @」の続きです。
郵便局に行くときに必要なものは
内容証明郵便にする手紙を3通用意しておきます。
そして封筒は封を開けた状態にしておきます。
あとは差出人の印鑑と郵便料金が必要になってきます。
内容証明の書き方 A


電子内容証明システムサービスというのは
現行の内容証明郵便を電子化したもので
インターネットで24時間受け付けているサービスのことです。
自分が送信した電子内容証明文書を
支店の電子内容証明システムで
受け付けをしてくれます。
電子内容証明システムについて

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

内容証明郵便について 悪質商法の評価サイト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる