悪質商法の評価サイト

アクセスカウンタ

zoom RSS 内職商法について

<<   作成日時 : 2010/02/02 07:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

悪徳な内職商法には様々な種類があります。
その被害に遭わないためには
どうしたら良いかを記事にしました。
内職商法について


悪徳内職商法を見抜く方法とは
会社名や経営者の氏名や住所、
電話番号が記載されているかどうかです。
そしてその会社は
本当に実在するのかを
きちんと調べておく方が良いでしょう。
悪徳内職商法を見抜く方法


報酬の場合は仕事をしていくなかで
一番重要になってきます。
そして通常の募集であれば
詳細が明記されているのです。
報酬額や受取日受け取り方法など
業者に問い合わせすれば教えてくれます。
悪徳商法の見分け方


悪徳商法の見分け方として
簡単な方法があるのです。
その方法とは
1、内職なのに「初期費用がかかる」という言い文句
内職で働く身であるのに
お金を支払わせるのは怪しいといえます。
募集要項の内容に注意


内職商法での勧誘の仕方は、
色々な言い方をして、消費者に
金銭的な負担をかけさせています。
その勧誘の仕方とは
「初心者でも出来る仕事です」
という言葉や
「経験不問ですので安心して下さい」
という言葉。。。
内職商法の勧誘の仕方


「内職商法の勧誘の仕方」の続きです。
「仕事を始める際に資格を取る必要があるので
教材を購入する必要があります。そして誰でも取れる資格です。」
という言葉もよく目立ちます。
資格を持っている人を募集すれば良いことなのに
何故高価な教材を買わせて勉強させるのかわかりません。
内職商法の勧誘の仕方 2


なかには内職商法で
逮捕されるケースもあると言われています。
私が調べてみたところ、
様々な理由で逮捕者が出ているのです。
その中の例として書いてみようと思います。
その逮捕者とは・・・
内職商法の逮捕者


内職商法の二次被害とは、1回消費者トラブルに
遭った人に対し、支払いが完了しているのに
前の契約が継続していますなどといい勧誘する手口のことです。
例として・・・
数年前にパソコンの内職を勧められたので
契約することになりました。
内職商法の二次被害


この内容は軽貨物運送の
独立開業というものです。
月に40万円以上の収入を
得ることが出来ると書かれています。
軽トラックを販売していた業者に詐欺として
損害賠償を請求し、クレジット会社から
軽トラックの代金を棄却したというものです。
軽貨物運送の内職商法について


強引な勧誘とは20代をターゲットにして
無料でオリエンテーションを
受講させるという商法なのです。
ある例の場合・・・
当時大学3年の女子学生の被害です。
若者をターゲットに強引な勧誘

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

内職商法について 悪質商法の評価サイト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる